女っぷり上げるにはアイラインとヒップラインが決め手とカリスマ藤原が直伝!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ペネロペに負けず劣らずセクシーな藤原美智子。

 6月30日、都内の劇場で『ボルベール 帰郷』の初日イベントが開催され、ヘアメイクアップアーティストの藤原美智子がトークショーを開催した。劇中のペネロペ・クルスを真似したというセクシーで華やかな衣裳で登場した藤原は、ヒロインのメイクやファッションを分析し、女っぷりを上げるための必勝法を伝授してくれた。

 劇中、ペネロペがかなり濃くアイラインを入れていることについて「目力が出て、女っぷりが上がりますね」と絶賛。さらに「ラインに抵抗がある人は、シャドウを入れるイメージでメイクすればいいと思う。ラインの上からブラウンのシャドウを乗せると仰々しくならなくていいと思うわ」とワンポイントアドバイス。藤原は自身がアドバイスしたメイクは「デートで相手をどきっとさせたいときにはバッチリ!」と太鼓判を押した。

 もう1つ、女っぷりを上げる必勝法は、ヒップパッドと呼ばれる“付け尻”。劇中、タイトスカートをはいて見事なヒップラインを強調していたペネロペ。実はこの尻には、ヒップパッドが付けられていたのだ。藤原もこのヒップパッドはお気に入り。ただし「家になかったので……」と、残念ながら自身は付けていないが、ペネロペのお尻については「女性でも見入っちゃうくらい魅力的」とべた褒め。女っぷり上げるためのもう1つのアイテムとして有効利用できることを教えてくれた。

[PR]

 本作でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたペネロペは、力強い生身の女性をリアルに演じきった。『オール・アバウト・マイ・マザー』以来の顔合わせとなるペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスの組み合わせが見事なアンサンブルを紡ぎ出す。ヴィヴィッドな色彩とタンゴのリズムに乗せて描く『ボルベール 帰郷』は、母と娘の切っても切れないきずなを描き出す。

『ボルベール 帰郷』は、6月30日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほかにて公開。
オフィシャル volver.gyao.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]