「セックス・アンド・ザ・シティ」映画版、今秋から製作開始

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
サラ・ジェシカ・パーカー - Jeffrey Mayer/WireImage.com

 ニューヨークの30代キャリア・ウーマン4人の生活を赤裸々に描いた人気のTVシリーズ「セックス・アンド・ザ・シティ」の映画版について新たな情報が明らかになった。

 一度は映画化が中止になったと伝えられたが、ヴァラエティ紙が伝えたところによると、製作は今秋から開始される予定で、シリーズを制作していたテレビ局HBOとニューライン・シネマが製作費や配給について契約交渉中だそうだ。映画版には主人公の4人、キャリー役のサラ・ジェシカ・パーカー、サマンサ役のキム・キャトラル、シャーロット役のクリスティン・デイヴィス、ミランダ役のシンシア・ニクソンがそろって出演し、TV版のエクゼクティブ・プロデューサーであるマイケル・パトリック・キングが自らの脚本のもとメガホンを取る。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]