妊娠6か月のミラ・ジョヴォヴィッチから“女のお願い”

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ちょっとふっくらしているミラ。

2日、都内で、『バイオハザード III』に主演したミラ・ジョヴォヴィッチが、記者会見を行った。

 現在、ミラは、妊娠6か月。夫で映画「バイオハザード」シリーズの生みの親でもあるポール・W・S・アンダーソンとの間に授かった赤ちゃんを伴っての来日となった。もちろん、ハリウッド女優が、妊娠中に海外プロモーションを行うのは、異例中の異例。それだけに、取材時間が制限されたり、関係者向けのパーティーも行われなかったりと、母体の安全を最優先した日本滞在となっている。

 会見場に姿を現したミラは、いつものファッショナブルな装いから一転、ざっくりした黒のドレスを着た姿は、すっかり“マタニティーママ”という雰囲気だった。顔もふっくらしたミラは「小さな娘を初めて日本に連れてきたわ」とお腹に手をあてながらコメント。その表情は、幸せそのものだった。

[PR]

 とはいえ、関係者たちはピリピリモード。質疑応答を終え、マスコミによる写真撮影の時間を迎えると、「真横からの撮影は、ご遠慮下さい」とこれまた異例のアナウンスがなされた。確かに真横から見ると、ミラの大きなお腹がより目立つ状態に……。

 通常こうした要望は“女優のわがまま”とブーイングが起こるものだが、今回は、1人の女性としての“お願い”であったため、カメラマンたちも十分に納得している様子で、目立った混乱やクレームは無かった。

『バイオハザード III』は11月からシネマサンシャインほかにて全国公開。
オフィシャルサイト
sonypictures.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]