大ヒット公開中なのにもうDVD化!『パイレーツ』発売日の深い理由

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
カウントダウンが始まった! - (C)Disney.

 5月27月に全世界で同時公開して以来、数々の興収記録を塗り替えている『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』。特に日本では、5週間連続で1位をキープし、公開9週目で、約100億円を突破している。

 そんな大ヒット作だが、早くもDVD化が決定した。発売日は12月5日。この日付けには深い意味がある。故ウォルト・ディズニーが40年前に手掛けた最後のアトラクションがディズニーランドの「カリブの海賊」であることから、ウォルトの誕生日にあたる12月5日に発売日を決めたということらしい。

 また、オフィシャルサイトでは、発売を盛り上げるために、発売日までのカウントダウンを始めた。100日前から始まって発売日までカウントダウンされる。

[PR]

 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのDVDの売り上げは、累計売上げ420万枚突破(2007年7月現在)というメガセールス! いよいよ最終章を迎えどこまで売り上げが伸びるのかも注目だ。

 DVDは本編ディスクに特典映像ディスクをもう1枚追加し、コレクタブル・アートカードなど特典アイテムを盛り込んだ2枚組で3,990円(税込み)で発売される。

 『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 』はウォルト ディズニー スタジオ ホーム エンターテイメントより2007年12月5日に発売
オフシャルサイトdisney.co.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]