「花より男子」の松田翔太が、ヤンキー中学生に成り切ってメンチ切り!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
仲良しの「ワル」たちが勢ぞろい

 30日、ゲッツ板谷の自伝的小説を映画化した『ワルボロ』のプレミア試写会が行われ、松田翔太福士誠治木村了古畑勝隆途中慎吾ら出演者が舞台あいさつを行った。

 同作は、勉強一筋だった中学3年生の主人公が、ひょんなことからヤンキーに転身し、大暴れする青春グラフィティー。映画初主演を果たした松田翔太は、学ラン姿にリーゼントをばっちり決め、ヤンキー中学生に成り切っている。プレッシャーはまったく無かったそうで「映る時間が多いから、いっぱい芝居が出来てうれしかった!」と余裕を見せた松田。ヘアスタイルは、すっかり長髪に戻っていたが、今もヤンキー役が抜け切れていないのか、あいさつ中も時折、メンチを切ったり、“ヘン顔”を披露したりとヤンチャな一面をのぞかせていた。

 また、松田は、ヤンキー仲間を演じた同世代の共演者たちとも意気投合し「一緒にお酒を飲みに行ったこともある」と撮影中のエピソードを披露。演じる役柄が中学生なので、場内は一瞬「えっ?」という空気になったが、実はみんな、20歳を越えているので、まったく問題なし。福士、木村らほかの登壇者も、息の合ったコメントのやりとりで、役柄そのままの仲良しぶりをアピールした。

[PR]

 そして、舞台あいさつも終盤に差し掛かると、松田が突然「松田翔太として、ちょっと話をさせていただきたい」と真面目モードに切り替わり、「俳優として皆さんの前に立てて、本当はとても感動して、涙が出そう。1人ずつほっぺにキスしてあげたい」とコメント。これには、会場に集まった女性ファンから悲鳴があがっていた。

『ワルボロ』は9月8日から新宿バルト9ほかにて全国公開
オフィシャルサイト waruboro.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]