9割の観客が女性!織田裕二がニンマリご満悦!「おれ、こんなの初めて」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
思わずニンマリの織田裕二

 1日、日劇1にて映画『椿三十郎』の初日舞台あいさつが行われ、主演の織田裕二豊川悦司松山ケンイチ鈴木杏、そして森田芳光監督が登壇した。

 この日、会場には9割を超える女性客が詰めかけ、織田らの登場に黄色い声援を送った。ここまで女性客が多いことは珍しく、豊川は「ツバキの花にふさわしい花がたくさんあるようで、本当にうれしい(笑)」と顔をほころばせ、鈴木は「こんなに女性のお客さんが多い舞台あいさつは初めて。皆さんキラキラしていてちょっとドキドキしてます(笑)」と緊張して笑いを誘った。

 また、初日舞台あいさつとしては異例のティーチイン(質疑応答)も行ったが、質問が進むにつれて観客との距離が縮まり、森田監督は「今日はなんだか文化祭みたいな雰囲気になってきたよね(笑)。劇場じゃなくて学校の講堂にいるみたいで変な感じ(笑)」と興奮。風邪のため、欠席した中村玉緒のものまねを披露するなど、おちゃめな一面をのぞかせていた。

[PR]

 さらに、最後には観客をバックに、会場一体となってCM用のコメント収録も行われたが、織田は背後から浴びせられる歓声に満面の笑みを見せ、「おれ、こんなの初めてですよ。すごいなぁー」と豊川に感想を漏らしていた。

『椿三十郎』は、黒澤明監督と三船敏郎による不朽の名作を、オリジナル脚本のまま45年ぶりにリメークしたもの。

映画『椿三十郎』は日劇1ほかにて全国公開中
オフィシャルサイト tsubaki-sanjuro.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]