岡田准一は人前に出ると吐きそう…塚本高史は自分大好き…それぞれカミングアウト!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
僕は日陰ではありません 塚本高史

 10日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて映画『陰日向に咲く』の完成披露試写会が行われ、主演の岡田准一宮崎あおい伊藤淳史平山あや緒川たまき塚本高史西田敏行三浦友和、そして平川雄一朗監督が登壇した。

 お笑い芸人の劇団ひとりによる、どこか日の当たらない人々の姿を描いた同名小説が原作とあって、舞台あいさつでは「日なたに立っている皆さんではありますが、日陰を感じたことはありますか?」との質問が。それに対し、岡田は「13年この仕事をしているけど、いまだに人前に出ると緊張して吐きそうになる」とカミングアウト。さらに、平山が「そう見られないんですけど、私生活は本当に日陰で、家にばかりいて本当に暗いんです」と語れば、緒川も「子どものころは、誰か“これから1か月、危険だから外に出てはいけません”と言ってくれたら、ずっと本を読んで過ごすのに……と思っていた」と驚きの告白をして、会場を驚かせた。

 そんな「日陰」発言が続く中、塚本だけは「ありません!」とキッパリと否定。ただ1人、「“日陰です”って言った方が面白いかなと思ったけど、自分大好きなんで(笑)。常に輝いていたいですね」と自信満々に答え、会場の意表をついて笑いを誘っていた。

[PR]

 『陰日向に咲く』は、劇団ひとりの処女小説を映画化した群像コメディー。現在と35年前を舞台に、ダメダメな9人の姿をユーモアたっぷりな視線で描く感動作。

映画『陰日向に咲く』は2008年1月26日より東宝系にて全国公開。
オフィシャルサイト kage-hinata.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]