竹内結子、怪しい男たちに囲まれて……わたしは座敷わらし?『チーム・バチスタの栄光』クランクアップ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
やり過ぎないよう演じたと語る阿部寛と、キリリとしたスーツに身を包んだ竹内結子

 12日、東宝スタジオで映画『チーム・バチスタの栄光』のクランクアップ報告会が行われ、竹内結子阿部寛吉川晃司池内博之玉山鉄二田口浩正田中直樹佐野史郎中村義洋監督、そして原作者の海堂尊が登壇した。

 同作は、病院内で起こった術中死の謎を解き明かすサスペンス。そんな映画の内容に合わせ、この日勢ぞろいした豪華キャスト陣は、全員シックな装いで登場した。中でも紅一点である竹内は、いつもの女性らしいイメージから一転し、シャープなシルエットのスーツ姿で、その存在感を存分にアピールしていた。事件の容疑者にふんする実力派の共演者たちについて「皆さん、怪しく光っている」と語る竹内は、自身の役柄について「わたし自身、気づいたらそこにいるという感じ。座敷わらし的な怪しさがあるかもしれません」とコメントし、場内を笑いに包んでいた。

 一方、竹内演じる心療内科医とともに、事件を捜査する厚生労働省のキレモノ役人を演じた阿部は「変わった役柄ですが、やり過ぎにならないよう、監督と一緒にキャラクターを作っていった」とコメント。その後は俳優陣の“暴露大会”となり、「軽い外傷なら手当できるようになった」(吉川)、「ブタの心臓で手術シーンの練習をした」(玉山)、「池内君からUFOにさらわれた話ばっかり聞かされた」(田口)、「佐野さんが摩訶不思議な本を持ち歩いていた」(池内)など緊迫感あふれるストーリーとは裏腹に、なごやかな撮影現場だったことが明かされた。

[PR]

 『チーム・バチスタの栄光』は大学付属病院を舞台に、心臓手術のエリート集団“チーム・バチスタ”が起こした連続術中死をめぐるサスペンス。原作は現役医師でもある海堂による同名小説で、第4回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞したベストセラー。映画『アヒルと鴨のコインロッカー』の新鋭・中村義洋が監督を務める。

映画『チーム・バチスタの栄光』は2008年2月9日より全国東宝系にて公開
オフィシャルサイトteam-b.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]