木村佳乃が撮影現場で大モメ!? 「ティッシュ箱を見ると監督の顔を思い出す」と告白

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
左から、木村佳乃、荒川良々、藤田容介監督

 26日、シネクイントで映画『全然大丈夫』の初日舞台あいさつが行われ、主演の木村佳乃荒川良々藤田容介監督が登壇した。

 木村と荒川という異色のキャスティングも話題の同作だが、当初はキャラクターとそれを演じる俳優との間に少なからずギャップもあったようだ。「特に木村さんが演じるヒロインは、脚本の段階でかなりはっきりとしたイメージがありました。撮影が始まったころは、そのイメージに木村さんを何とか押し込めようとしてたんで、モメましたね(笑)」と藤田監督。一方、不器用なヒロイン役の木村は「ティッシュ箱を指で開けるシーンが苦労した。今もティッシュ箱を見ると、監督を思い出すんですよ」と笑顔でコメントしていた。

 そんな2人に挟まれ、居心地悪そうにたたずむ荒川は、キャラ通りモジモジしっ放し。初の主演映画とあって、これまで数多くの取材に応じてきたが「もう取材はイヤでイヤで。本当は口コミで広がってほしいんですけど……まぁ仕事ですからね」と公開初日を迎えたからこそ言えるぶっちゃけコメントで、会場の笑いを誘っていた。そんな荒川は、マスコミ向けの写真撮影の際も、キョロキョロと視線が定まらず、カメラマンたちを困らせていたが、その姿もまたファンには「良々らしい!」と好評(?)だった。

[PR]

 『全然大丈夫』は大人に成り切れない幼なじみの男2人(荒川と岡田義徳)が、地味なヒロイン(木村)をめぐって火花を散らす、奇妙な三角関係を描いたラブコメディー。

映画『全然大丈夫』はシネクイントほかにて全国順次公開中
オフィシャルサイト zenzenok.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]