夫婦別居、ダブルブッキング……際どいワードの連続に、羽野晶紀が冷や汗タラタラ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
夫婦円満をアピールする羽野晶紀

 29日、科学技術館サイエンスホールで映画『歓喜の歌』の特別試写会が開催され、トークゲストとしてタレントの羽野晶紀が登場した。

 『歓喜の歌』は、妻と別居中の文化会館主任(小林薫)の手違いでホール使用予約のダブルブッキングが発覚したことから、2つのママさんコーラスグループがぶつかり合うというストーリー。原作は立川志の輔の現代落語だが、偶然にも“別居”“ダブルブッキング”など羽野&和泉元彌夫妻にとっては耳の痛いキーワードが次々と登場する作品となっている。それだけに羽野のトークも非常に慎重で、言葉を選びながらしゃべっているのが観客にもヒシヒシと伝わってきた。

 最近、芸能活動を再開させたことについて羽野は「子どもがいるので、周囲の理解と協力がないと難しいと実感しています」とコメント。この日、子どもたちは友人宅に預けてきたそうで「仕事のときは、主人かわたしの両親に面倒を見てもらうこともある」と語ったが、その際、和泉の母親が話題に上がらなかったため、客席やマスコミから「セッチーは?」とひそひそ小声でツッコミが入る一幕もあった。それでも「夫はわたしにだけは本心を話してくれる」「今は子ども中心の生活だが、一段落したら2人の楽しみを語り合いたい」など、あくまで夫婦円満だとアピールする羽野だった。ちなみに『歓喜の歌』は“夫婦の日”である2月2日から公開される。

[PR]

 『歓喜の歌』は会場使用のダブルブッキングをきっかけに、2つのママさんコーラスグループが衝突しながら、同じステージに立つため練習を重ねる姿を描いた笑いと涙の作品だ。

映画『歓喜の歌』は2月2日よりシネカノン有楽町1丁目、渋谷アミューズCQN、新宿ガーデンシネマほかにて全国公開。
オフィシャルサイト kankinouta.com

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]