映画版『鉄腕アトム』、脚本家決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 手塚治虫のSF漫画「鉄腕アトム」を映画化する映画『アストロボーイ』(原題)の脚本家が香港のイマジアニメーションから正式に発表された。脚本を手掛けるのは、アーノルド・シュワルツェネッガーのコミカルな演技が楽しめた映画『ツインズ』『キンダガートン・コップ』の脚本家として知られるティモシー・ハリスで、彼は脚本家としては30年近く活動し、1993年にはマイケル・ダグラス主演の問題作映画『フォーリング・ダウン』のプロデュースにかかわってもいる。

 『アストロボーイ』(原題)は、フルCGアニメーションとして映画化され、デヴィッド・ボワーズ監督がメガホンを取り、2009年の世界公開を予定している。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]