映画館が大パニック?超異例!まるで絶叫マシーン並の衝撃的な警告文!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
WARNING!警告!

 映画『トランスフォーマー』が公開された劇場でのみ流された謎の映像がある。それは手持ちのビデオカメラで捉えた画質の荒い映像だ。当初、タイトルは伏せられ、映画ファンの間ではテレビドラマ「LOST」のプロデューサーであり、この謎の映像作品でも製作を務めるJ・J・エイブラムスの名前を取って「エイブラムス・プロジェクト」などと呼ばれていた。それが映画『クローバーフィールド/HAKAISHA』だ。今、この謎に包まれた作品に大変なことが起こっている。この映画のフォトギャラリーはこちら

 アメリカで公開するやいなや大ヒットを記録するとともに、劇場のロビーに衝撃的な注意書き、WARNING!の文字が躍った。アメリカ、そして公開されたアジアの数か国で『クローバーフィールド/HAKAISHA』を観た観客が激しい乗り物酔いに似た症状を訴える例が相次ぎ、劇場主たちが一斉に注意書きを劇場に貼り出したのだ。

 手持ちビデオカメラの激しく揺れる画面をリアルに再現した特殊撮影による映像酔いがその主な要因だが、それ以上に、パニックに見舞われた劇中の世界に自分が放り込まれたかのような臨場感と緊張感がその映像効果を増幅させた原因と考えられる。日本でも同様の事態が予測されるため、パラマウントピクチャーズ・ジャパンは異例の事前告知を3月1日から一斉に開始することに決めた。これは映画『クローバーフィールド/HAKAISHA』が絶叫アトラクションとホラーハウスを同時体験するかのような、いまだかつてない新しい映画であるという証明でもある。

[PR]

 映画『クローバーフィールド/HAKAISHA』は製作者のエイブラムスを伴って4月1日にジャパンプレミアが行われるのだが、ここにも謎がある。開催場所は都内某所としかなく、しかもエイプリル・フール。そして他国では実施されなかったキャンペーンが日本独占で開催されるというのだ。さらに自由の女神の首が取れた胴体が登場するらしい。未確認の情報によると、エイブラムスは来年公開予定の映画『スタートレック』の撮影を中断しての来日とある。彼がこの映画で日本にこだわる理由とは……。謎を解く鍵はいったい日本の何にあるのだろうか。

 映画『クローバーフィールド/HAKAISHA』はJ・J・エイブラムスによる徹底した秘密主義のもと、映画史上初めてタイトルも隠した映画だ。何者かの襲撃によってニューヨークの街がパニックにおちいる様子をリアルな映像と衝撃の展開で描く。

映画『クローバーフィールド/HAKAISHA』は4月5日より全国公開
オフィシャルサイト 04-05.jp
関連作品:クローバーフィールド/HAKAISHA
関連記事:『クローバーフィールド』、全米の映画館が“ジェットコースター”現象を警告
関連作品:いったいなに?アキバでミニスカの白い少女たちが配る謎のポケットティッシュ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]