堀北真希、ドラえもんからクロサギへ!短時間で2つの舞台あいさつ大忙し!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
多忙でも笑顔を絶やさない堀北真希

 8日、日劇2にて『映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝』の初日舞台あいさつが行われ、ゲスト声優を務めた堀北真希三宅裕司ら総勢9名が登壇した。 (この映画の画像はこちら)

 “緑の星”の王女リーレの声を演じた堀北は、何と同日公開を迎える、同じ東宝配給の『映画 クロサギ』でヒロインを演じており、そちらの舞台あいさつにも出席予定。まずは、午前11時から行われた『映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝』の舞台あいさつに登場すると、「声でリーレを演じるのは、普段わたしがやっている映像のお仕事と違って難しかったです。正直、苦労したところもいっぱいありました。でもこの映画のメッセージと一緒に、リーレも皆さんの心に残ればと思って一生懸命やりました」とそつなくあいさつをこなした。

 通常の舞台あいさつであれば、ここでさらに司会者による質問があり、あいさつの内容を掘り下げたり、撮影(アフレコ)時を振り返ってエピソードが語られたりするのだが、この日は『映画 クロサギ』の舞台あいさつの時間が迫っているとあって、それらを飛ばしてスピーディーに進行。マスコミ向けの写真撮影の時間は取られたが、普段であれば3分から5分ほどかけて、集ったカメラマンにまんべんなく目線をもらうところも、CM用のコメント撮りと同時進行で1分ほどで終了し、堀北の目線をもらい損ねたカメラマンが最後まで「こちら、こちら目線ください!」と連呼し続け、別のカメラマンに「次があるんだから……」とたしなめられるという珍しい光景が見られた。

[PR]

 その後堀北は六本木に移動し、12時半から『映画 クロサギ』の舞台あいさつに登場。白いドレスに着替えて、主演の山下らと息のあったやり取りを展開し笑顔を見せていた。

 『映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝』は、リニューアル後3作目にして、初めてオリジナルストーリーに挑んだ意欲作。緑の星をめぐって、緑の大切さや仲間の温かさを描く冒険アドベンチャー。

『映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝』は日劇2ほかにて全国公開中
オフィシャルサイト doraeiga.com

{link text="関連記事:「ボク、このおねえちゃんがいい!」堀北真希、男の子をとりこに!
" url="http://cinematoday.jp/page/N0012956"}
{link text="関連記事:堀北真希、ドラえもんのアイテムでほしいのは「どこでもドア」
" url="http://cinematoday.jp/page/N0012567"}

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]