え~っ!これ松山ケンイチ?超過激なデスメタル野郎への変身!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
松山ケンイチ:使用前→使用後

 映画『DEATH NOTE デスノート』でLを演じた松山ケンイチが新作映画『デトロイト・メタル・シティ』で、とんでもないビジュアルになることがわかった! デスメタル・バンドのボーカルである主人公を演じる松山だが、顔面白塗りで目はつり上がり、額に“肉”ならぬ“殺”という言葉を書き込んだ、『DEATH NOTE デスノート』の死神もビックリのメークを施した主人公、根岸崇一=ヨハネ・クラウザーII世がみごとに実写で再現されている。

 渋谷系ポップミュージック・シンガーを夢見て田舎町から上京してきた主人公が、ふとしたことから奇抜なメークと演奏で人気を博す悪魔系デスメタル・バンド“デトロイト・メタル・シティ”(通称DMC)のクラウザーII世として爆発的人気者になってしまうという悲喜こもごもを描いた、若杉公徳によるギャグ漫画「デトロイト・メタル・シティ」が原作。連載開始から人気は広まり、さまざまなミュージシャンたちからも絶大な支持を持つコミックだ。

 普段は、なよなよした童貞男の根岸が、メークを施しステージに立つと凶暴なクラウザーII世に変わってしまうという設定だけに、松山はある意味一人二役に挑戦することになる。原作を読みながら、放送禁止用語を連発するクラウザーII世の姿に震えたという松山は「普段の自分と、役者として演じている人間との間でバランスをとっているところが、根岸(クラウザーII世)の立場と似ているところ」と自分自身との共通点を見つけた様子。また松山のほかにも豪華キャストや有名ミュージシャンが実名で登場するなど、さまざまなサプライズが予定されており、劇場で「あの人が!?」と驚きの声を上げないように心の準備をしておきたい。

映画『デトロイト・メタル・シティ』は夏、全国東宝系にて公開
オフィシャルサイト go-to-dmc.jp

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]