ニコール・キッドマン、偉大なシンガーのダスティ・スプリングフィールドにふんする?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ニコール・キッドマン

 ニコール・キッドマンが、59歳で亡くなったイギリス出身のシンガー、ダスティ・スプリングフィールドを演じるとニューヨーク・マガジン誌が伝えた。『めぐりあう時間たち』でキッドマンとコンビを組んだマイケル・カニンガムが同誌に語ったもので、映画はスプリングフィールドの半生を描く伝記映画となり、本編ではドラッグやアルコール依存問題や当時衝撃的だったバイ・セクシャル発言、長期間にわたるスランプ時代に関しても取り上げる予定だ。スプリングフィールドは、99年に乳がんで亡くなる直前にイギリスで大英帝国勲位が贈られ、その後ロックの殿堂入りを果たしている。

 白人女性ソウル・シンガーの第一人者であり、近年では『パルプ・フィクション』の挿入歌"Son Of A Preacher Man"で知られるスプリングフィールドのトレードマークといえば、円錐形に結い上げた蜂の巣のようなブロンドヘアとパンダのような濃いマスカラだ。『奥さまは魔女』や『ステップフォード・ワイフ』でキュートな60年代ファッションを披露したキッドマンはハマリ役といえるだろう。

【関連記事】ニコール・キッドマンとジュディ・デンチ、映画版『ナイン』へ出演か?
【関連記事】ニコール・キッドマン、ビーチでのんびりお散歩
【関連記事】二コール・キッドマン、夫のコンサートでまさかの大あくび

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]