笑い飯・西田は三船敏郎?映画とは関係ない話題でトークショーは大盛り上がり!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
左から倉本美津留、笑い飯・西田幸治と哲夫

 1日、スウェーデンの巨匠ロイ・アンダーソン監督の新作映画『愛おしき隣人』の公開を記念して、ダウンタウンなどのバラエティー番組を数多く手掛ける放送作家の倉本美津留と、お笑いコンビ・笑い飯の西田幸治哲夫がトークイベントを行った。前作の映画『散歩する惑星』でカンヌ国際映画祭審査員特別賞を受賞したロイ監督の7年ぶりとなる本作は、とある町の人々の一風変わった日常を描くシュールな作品だ。【関連作品の写真ギャラリーはこちら】

 『散歩する惑星』のファンだという倉本は「前作の世界観をよりディープにしたのが今回の作品。で、日本でディープな笑いを深くやってくれるのが笑い飯だと思うんです」と笑い飯のトークショー起用の理由を分析し、西田のことをなぜか「現代の三船敏郎」と絶賛。西田本人は「似てませんよ!」と一度は否定したものの「あ、ミフネとニシダは3文字や!」と共通点を見つけ、観客の笑いを誘った。

 絶賛された西田とは違い「何で呼ばれたのかよくわからない」とぼやく哲夫は、本作と自分の共通点について「僕ら電車のネタが多いんで、劇中に出てくる電車に共通点を見つけました」と無理矢理こじつけ、本作とはまったく関係ない部分で盛り上がるトークショーを締めくくった。

[PR]

映画『愛おしき隣人』は恵比寿ガーデンシネマほかにて全国公開中
オフィシャルサイト kittoshiawase.jp

【関連記事】和製ビヨンセ・渡辺直美が激白?「椎名桔平に口説かれたら芸人辞めます!」
【関連記事】エド・はるみがパンダの秘書に!?ドリンクサービスで好感度もグ~?
【関連記事】1、2、サァン!世界のナベアツ、私生活はさらにオモロー?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]