スーザン・サランドン、キリアン・マーフィとエレン・ペイジ共演映画へ出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スーザン・サランドン - Stephen Lovekin / Getty Images

 キリアン・マーフィエレン・ペイジ共演映画に、頼もしい演技派俳優たちが出演することが決まった。ハリウッド・レポーター紙が伝えたところによると、スーザン・サランドンビル・プルマンジョシュ・ルーカスの3人が、新作『ピーコック』(原題)へ出演することが明らかになった。作品は、ネブラスカ州の小さな町ピーコックを舞台に、マーフィ演じる寡黙な銀行員の家の裏庭に電車が衝突したことで、女性がそこにすんでいたことが明らかになるサイコスリラーだ。ペイジは主人公の秘められた過去の鍵を握る謎の女性役を演じ、ルーカスは地元で刑事をしている主人公の友人役にふんし、プルマンは主人公の上司役を、サランドンは市長の妻役を演じる。監督はマイケル・ランダーがあたり、撮影は今月からアイオワ州で行われる。

 『プルートで朝食を』や『麦の穂をゆらす風』の演技で高い評価を得た若手演技派であるマーフィは、8月の公開が待たれる『バットマン ビギンズ』の続編『ダークナイト』で、前作と同じ悪役のスケアクロウ役を演じていて、前作同様エキセントリックな演技が期待されている。

【関連記事】スーザン・サランドン、還暦の記念にタトゥー?
【関連記事】世界初公開の『スピード・レーサー』のポスター
【関連記事】ウォシャウスキー兄弟の新作に使われたスーパー・カーがシカゴでお目見え

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]