アンジーとブラピの双子がニースの名誉市民に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アンジェリーナ・ジョリーが入院中のニースのレンバル病院 - Tony Barson/wireImage.com

 まだ生まれていないアンジェリーナ・ジョリーブラッド・ピットの双子にニースの名誉市民権が贈られることになった。

 アンジーはニースのレンヴァル病院で出産を予定しているが、ニースの市長は子どもたちがフランスの国籍を取得しなくても名誉市民権を授与すると言っている。アメリカと違い、フランスで生まれても自動的にフランス国籍を取得できるわけではない。アンジーの双子たちの場合、11歳以上になってから最低5年間フランスに在住すれば、18歳のときにフランス国籍を取得する権利が発生するとのこと。ニース市長は生まれてくる双子たちを“小さなニソワーズたち”と呼び、ニースは双子たちを生涯歓迎するとコメントしている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]