コロンビアの人質救出劇、ハリウッド映画化決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
サイモン・ブランド監督 - Gustavo Caballero / Getty Images

 コロンビア革命軍(FARC)に誘拐され、2008年7月2日に14人の人質とともに解放されたコロンビアの政治家イングリッド・ベタンクールのドラマティックな救出劇が映画化されるとハリウッド・レポーター紙が伝えた。映画『Juon/呪怨』『ダーク・ウォーター』を手掛けてきたヴァーティゴ・エンターテイメントとコロンビアのテレビ局、制作会社RCNが手を組んで製作し、映画『unknown/アンノウン』のコロンビア人監督サイモン・ブランドがメガホンを取る。

 コロンビア最大の左翼ゲリラ、コロンビア革命軍に誘拐され、6年半の捕虜生活ののち、コロンビア国軍によって解放されたイングリッド。彼女は1994年にコロンビア下院議員に当選し、大統領の汚職を告発したことで命を狙われ、1998年には上院に当選し、2002年コロンビア大統領選挙の候補になるが選挙を目前にした2月末に誘拐されてしまった。現在、46歳で2児の母親である彼女の半生は、苦難に立ち向かう強いヒロインを好むハリウッドに受け入れられ、熱い感動を与えるだろう。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]