『エクソシスト』テレビシリーズで復活か ハリウッド版『リング』プロデューサーが製作

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
確かに毎回ネタを考えるのは大変そうですが……オリジナル版『エクソシスト』より - 写真:Album/アフロ

 ホラー映画の金字塔として名高く、今年で初公開から40年となる映画『エクソシスト』のテレビシリーズ化が再び計画されていることがわかった。Deadline.comが報じている。

 実際に起きた悪魔祓い事件を基に書かれたウィリアム・ピーター・ブラッティの同名小説を原作に、少女にとりついた悪魔と神父の戦いを描いた本作。ウィリアム・フリードキン監督がドキュメンタリータッチで描いたリアルな心霊描写などが話題を呼び、1970年代に一代オカルト・ブームを巻き起した。

 シリーズ化の企画は以前にもあったが、今回は新しい要素を加えた全く違う新作になるという。プロデュースを手掛けるのは、『ザ・リング』『THE JUON/呪怨』『ダーク・ウォーター』など、国外ホラー映画のリメイクを数多く手掛けるロイ・リー。脚本は『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』のリブート作を手掛ける、新鋭のジェレミー・スレイターが担当する。

 オリジナル版を手掛けたフリードキン監督は、以前シリーズ化がうわさされたとき「週に一度のエクソシストなんて、バカげた話だ」とコメント。原作は実際の事件がモデルとなっている以上、シリーズを持続させるためにはウソをたっぷり盛り込まなければならなくなると指摘していたが、現在すでにいくつかのケーブルテレビ局が興味を示しているとのこと。そう遠くない時期に製作がスタートすることになるかもしれない。(編集部・入倉功一)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]