『007/慰めの報酬』がいよいよ始動!イギリス海軍による華やかな船上パーティー開催!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
次期ボンドガール候補?京子スペクターさん

 28日、イギリス海軍ケント号で2009年1月公開の映画『007/慰めの報酬』にちなんだ船上パーティーが開催され、ジェームズ・ボンドにちなんだカクテルや映画『007』シリーズの音楽、最新予告編などが披露され、招待客はしばし映画『007』の世界観に酔いしれた。

映画『007/慰めの報酬』

 パーティー当日はあいにくの雨。しかしその悪天候とは逆に、船内は招待客の熱気にあふれ、船外には映画『007/カジノ・ロワイヤル』に登場したものと同型のボンドカーの展示や、船上での本場さながらのカジノ・ブースなど、訪れた招待客たちは身も心も奪われた様子だった。また晴海ふ頭から見渡すことのできるお台場の夜景や、近隣で開催されていた花火大会に時折ため息をもらす招待客の姿もあった。

[PR]

 ゲストとして招かれたデーブ・スペクターの妻である京子スペクターさんは、『007/慰めの報酬』にちなんだ今回のパーティーについて「わたしはほぼ毎日いろいろなパーティーに招待されるんですけれど、映画とコラボーレーションした船上パーティーというのは珍しくていいですね」とコメント。残念ながら不参加となったデーブについては「彼は今、別の仕事でスタジオにいます。本当は参加したかったらしいんですが、長引くようだったので、わたしだけ来てしまいました(笑)」とのこと。また今回のファッションについて「ボンドガールを意識してこようかと思ったんですけど、イギリス大使館のお招きですからね。地味目にコンサバです。だけどやっぱり派手にしたかったので、上着だけはちょっと(笑)」とボンドガールに負けずとも劣らない美意識の高さを感じさせるコメントを聞かせてくれた。

 『007』シリーズを嫌いだという人を聞いたことがないと語る京子さんは、大の『007』ファン。一番印象に残っているシリーズは、丹波哲郎浜美枝が出演している映画『007は二度死ぬ』。またアメリカに住んでいた学生時代には、ラジオ局に電話をして映画『007/死ぬのは奴らだ』の主題歌をリクエストし見事選ばれたという思い出も。「ラジオで名前を呼ばれたときはビックリしました。だから映画を観て思い出があって、曲を聴いて思い出がある。そしてシリーズ全体で思い出がありますね」と感慨深げに『007』シリーズへの強い思い入れを語ってくれた。10月にイギリスのロンドンで行われる『007/慰めの報酬』のプレミアには「デーブと絶対に行きたい!」とのことだが、ボンド役のダニエル・クレイグに誘われたら「フィフティーフィフティーですね」と笑いながら答えてくれた。『007/慰めの報酬』ジャパンプレミアは11月末を予定しており、主演のダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコマーク・フォースター監督らが来日する予定。

映画『007/慰めの報酬』は2009年1月、全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]