死の宣告描く『イキガミ』ついに完成!沈痛ムードの中、山田孝之の酒豪ぶり暴露される

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大ヒットを予告します。

 8日、六本木アカデミーヒルズで映画『イキガミ』の完成会見が行われ、主演の松田翔太成海璃子山田孝之金井勇太佐野和真瀧本智行監督、そして原作者の間瀬元朗が出席した。

映画『イキガミ』写真ギャラリー

 衝撃的な設定と泣けるストーリーで話題の同名コミックを映画化した『イキガミ』は、国家の政策によって、ある日突然、若者に死が宣告されるというヘビーな内容。それだけにこの日会見に出席した松田ら、若く勢いに乗るキャスト陣もどこかうつむきがちで表情も決して明るいものではなかった。「もしあと24時間の命だと宣告されたらどうするか?」という質問にも言葉を選びながら、慎重に返答するキャスト陣の姿からもこの作品が突きつけるメッセージの重さがヒシヒシと伝わってきた。

[PR]

 しかし会見中、山田の酒豪ぶりが暴露されると、そんな沈痛ムードも打ち破られた。「一人酔いつぶれて、最期を迎えたい」と余命24時間でしておきたいことを語る山田に対し、撮影中に山田が酒に強いことを知った瀧本監督が「いくら飲んでも平気なんじゃない(笑)?」とツッコミ。これには山田も笑顔で「いやぁ、24時間あれば大丈夫です」とさすがに一日中飲み続ければ酔いつぶれてしまうはずと語り、松田らを笑わせていた。

 『イキガミ』は国民に死の恐怖を植え付け、国家を繁栄させようとする“国家繁栄維持法”によって、千人に一人の確率で若者がある日突然、死を宣告されるというショッキングな物語。松田は、死亡宣告書(通称:イキガミ)を配達する公務員を演じている。

映画『イキガミ』は9月27日より全国東宝系にて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]