ヘレン・ミレン、今度は舞台で王妃役

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ヘレン・ミレン - Dimitrios Kambouris / wireimage.com

 映画『クイーン』でイギリスのエリザベス女王を演じ切り、オスカーを受賞したヘレン・ミレンが、今度は舞台で、別の女王を演じることが決まった。ヘレンが取り組むのはロンドンにあるナショナル・シアターの演劇で、フランスの劇作家ジャン・ラシーヌによる「フェードル」。ギリシャ神話をモチーフにした本作は、アテナイの王テゼーとその妻フェードル、テゼーの息子イポリートをめぐる悲劇。ヘレンは、義理の息子イポリートに恋をしてしまうフェードルを演じる。エリザベス女王役では威厳ある表情で役に取り組んだヘレンだが、今回は自分の人生と運命を嘆く感情的な役柄とあり、『クイーン』とは違った王妃の顔を見せてくれそうだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]