リドリー・スコット監督のロビン・フッド映画でラッセル・クロウは二役に挑戦!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
これで5回目だね-ラッセル・クロウとリドリー・スコット- - Evan Agostini / Getty Images

 7月に製作延期が伝えられた、リドリー・スコット監督とラッセル・クロウによるロビン・フッド映画『ノッティンガム』(原題)に関して驚くべき情報が明らかになった。リドリー監督がMTVに語ったところによると、『ノッティンガム』(原題)で伝説の英雄ロビン・フッドを演じるのはラッセルだそうだ。これまでラッセルはロビン・フッドの敵であるノッティンガムの代官を演じることが明らかにされていたが、何とラッセルはロビン・フッドとノッティンガムの代官の両方を演じるというのだ。リドリー監督は、「ラッセルは両方演じるのさ!」とだけ答えて、敵同士であるロビン・フッドとノッティンガムの代官の二人を同じ人間が演じることによって、物語では二人は双子という設定にするのか、それともよく似た他人にするのか明らかにされなかった。

 本作は、映画『グラディエーター』『プロヴァンスの贈りもの』『アメリカン・ギャングスター』『ボディー・オブ・ライズ』(原題)に続く、リドリー監督とラッセルが5回目のコンビを組む新作映画として期待されており、シエナ・ミラーがロビン・フッドの恋人マリアン役に決まっている。脚本は映画『ミスティック・リバー』のブライアン・ヘルゲランドが手掛け、伝説の英雄ロビン・フッドとメイド・マリアン、ロビン・フッドの敵であるノッティンガムの代官との三角関係を新たな視点で描く映画だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]