長谷川京子がノーブラでの撮影秘話を監督に暴露され、仕方なくカミングアウト!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ノーブラ、すっぴんです!

 14日、ホテル グランパシフィックLE DAIBAにて、映画『殯(もがり)の森』でカンヌ国際映画祭審査員特別賞を受賞した河瀬直美監督が新作映画『七夜待』の女性限定試写会に主演の長谷川京子とともに登場し、ガールズトークに花を咲かせた。

映画『七夜待』ギャラリー

 「長谷川京子のエロチックな美しさを楽しんでほしい」と開口一番に語る河瀬監督。長谷川もそれには自信ありという感じで、冗談交じりに「河瀬さんのいうところの、エロチックなわたしの姿もお楽しみください」と語り、会場を笑いで包みこんだ。その会場も試写会とは思えぬほどのゴージャスさで、映画の舞台であるタイをイメージした花々が並び、香り漂うキャンドルもたかれ、訪れた女性たちはうっとりとした表情を浮かべ、河瀬監督と長谷川のトークに聞き入っていた。

[PR]

 河瀬監督は長谷川をエロチックなだけではなく「非常にナチュラルで、素朴。そういった表情が映画に強く表れている」と絶賛。タイの森で、ほぼすっぴんで撮影に挑んだ長谷川の姿について「空気中に水分がたっぷり含まれている感じでしたから、体の中から美しくなる要素がたっぷり詰まっていると思う。そういったものが長谷川さんを余計美しく見せていますね」と語り、さらには「ブラジャーもほぼしてませんでしたよね?」と撮影秘話を暴露。答えざるを得ない雰囲気に長谷川は「恥ずかしながら……していなかったと思います」とカミングアウトしつつも、女性限定試写会で助かったというような表情を浮かべた。

 本作の見どころは、ノーブラとすっぴんで挑んだ長谷川の演技だ。泥だらけになっての撮影だったそうだが、「タイの解放的な空気感や湿度が、余計なものはぬぐい去りたいという気持ちにさせてくれました。さすがにあの格好で日本は歩けませんけど」とタイの環境が自分の心に大きな影響を与えていたと語った。河瀬監督は「ケンカのシーンで、長谷川さんからケリがでたんですよ。それを見てこれが長谷川京子だ! って思いました」と女優として成長した長谷川を評価。最後に長谷川は観客に向かって「30歳ってとっても楽しいですよ! 『いよいよ楽しくなってきた!』っていう感じです」とメッセージを送り、女優として人間としても一皮むけた長谷川の姿を見せ付けた。

映画『七夜待』は11月1日よりシネマライズ、新宿武蔵野館ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]