新垣結衣に、監督が「痛い思いをさせた」と謝罪!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
フレフレ、ガッキー!

 11日、丸の内ピカデリー1にて、映画『フレフレ少女』の初日舞台あいさつが行われ、主演の新垣結衣永山絢斗柄本時生斎藤嘉樹染谷将太内藤剛志のほか、渡辺謙作監督が登壇した。

映画『フレフレ少女』

 これまで、本作のキャンペーンが行われた際は学ラン姿だった新垣だが、公開初日であるこの日ははかま姿でりりしく登場。当初は緊張した面持ちだったが、作品を観終わったばかりの観客に「いかがでしたか?」と呼びかけると声援や大きな拍手が沸き起こり、いつものガッキースマイルをうれしそうにはじけさせた。

[PR]

 夏場、体力的にきつい撮影が行われ、倒れる人間が続出したという本作。共演者の柄本は「39度の熱をだして、病院で点滴を受けていたら、新垣さんのマネージャーさんも点滴を受けていました」と思い出を語り、場内は爆笑。「マネージャーさんも倒れてしまうほど過酷な暑さだったんですか?」と聞かれた新垣は「大変だったんです! 大変だったんですよ……」と繰り返し深くうなずいていた。また、渡辺監督が「新垣さんの頭に野球ボールが当たるシーン、CGを使わなくて痛い思いをさせてしまって。この場を借りて謝ります」と語りかけ、新垣が恐縮する場面も。ほかにもさまざまな苦労話がユーモラスに語られ、会場を大いに沸かせた。

 最後に新垣は「この映画を通じて、人を応援することは、自分を応援することだと改めて思いました。人を応援するために、自分も頑張る。皆さんも、言葉と体で誰かに思いを伝え続けて奇跡を起こしてください」とさわやかにコメントして会場を後にした。

 『フレフレ少女』は、野球部のエース(本多拓人)に恋をした女子高生(新垣)が、応援団長に変身して仲間たちと汗と涙の奮闘を繰り広げ、大きく成長していくさまを描く青春ストーリー。

映画『フレフレ少女』は丸の内ピカデリー2ほかにて全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]