リンジー・ローハン、女王様きどりの態度が災い?「アグリー・ベティ」への出演が大幅カット

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
リンジー・ローハン - Bennett Raglin / wireimage.com

 テレビドラマ「アグリー・ベティ」にゲスト出演しているリンジー・ローハンが、今シーズンの出演エピソード数を6話から4話へとカットされた。原因はリンジーの女王様気取りの態度ではないかとニューヨーク・ポスト紙は報じている。関係者によると、リンジーは毎日、ものすごい人数の取り巻きを連れて撮影所に到着。常にタバコを吸い、リンジーの控え室は、あまりの汚さにペンキを塗り直さなければならないほど、ひどい状態だったという。

 また、ベティを演じている主演のアメリカ・フェレーラとの仲の悪さも問題になっていたらしい。リンジーはアメリカがセットにスタンバイした状態でなければ控え室から出てこなかったようで、アメリカより先にセットに現れることを拒否したとのこと。

 リンジーのスポークスマンは出演エピソード数が減ったことは認めているが、態度の悪さが原因ではなく、双方合意の上でのカットだとコメント。「6エピソードに出演する予定が4エピソードになりましたが、リンジーは楽しく撮影に参加していました」と言っている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]