ホアキン・フェニックス、引退宣言!今後はミュージシャンとして活動

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『アンダーカヴァー』はホアキン・フェニックス最新出演作 - (C) 2007 2929 Productions LLC. All rights reserved

 映画『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』『グラディエーター』でアカデミー賞にもノミネートされた俳優のホアキン・フェニックスが、わずか34歳の若さで俳優を引退するつもりのようだ。ホアキンは、故ポール・ニューマンのチャリティーイベントに出席した際、「この機会に発表したいことがあるからスクープをあげるよ。俳優としての仕事はこれが最後だ。今後は音楽をやっていく。もうやりつくした。おしまいだよ」とエンターテインメント番組「エクストラ」に語った。

映画『アンダーカヴァー』写真

 このコメントについて「わたしも同じように聞いています」とホアキンのスポークスマンも認めており、今後はスクリーンで彼の演技を見ることはできないことになる。ホアキンの義弟ケイシー・アフレックも「冗談じゃないと思うよ。彼には音楽があるしね」とコメント。すでに俳優としての仕事を減らしていたのか、今年に入ってからはグウィネス・パルトローと共演した映画『ツー・ラバース』(原題)にしか出演していない。

[PR]

 ホアキンは、『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』でカントリーミュージシャンのジョニー・キャッシュを演じ、その歌唱力を披露。グラミー賞も獲得した。カリスマ俳優と言われつつも23歳で亡くなったリヴァー・フェニックスは兄。また、現在はイギリスのロックバンド、ザ・シャーラタンズのティム・バーゲスと一緒にアルバムを制作中とWENNは報じている。

 日本では1月に、マーク・ウォールバーグとの共演作映画『アンダーカヴァー』が公開される。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]