期待の新星アーロン王子、絶対キスできる映画を語る!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ピュアなキスしてますか? - (C) 2008 Paramount Pictures. All rights reserved.

 映画『ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな毎日』で、ヒロインのジョージアが恋に落ちるイケメン男子ロビーを演じたアーロン・ジョンソンが、同作を「絶対キスできる映画!」と言い切った。その真意のほどを聞いてみた。

映画『ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな毎日』写真ギャラリー

 “理想の王子様”を演じたアーロンは、イギリス出身の18歳で、今後が期待されるイケメン俳優だ。そのルックスはきらきらの瞳にシャープなフェイスライン、背は高くソフトマッチョで、ジョージアでなくても女子なら誰もがあこがれてしまう正統派イケメン男子だ。そんなアーロンは、本作について「誰もが経験したことのある、初恋やファーストキスの思い出をうまく描いている」と映画を分析した。さらに「僕がジョージアと同じ年くらいだったら、きっとダブルデートとかで観に行ったと思う。この映画を映画館の後ろの席で女の子と観たら、絶対キスできると思う。この映画ならパーフェクト!」と独自の考えを披露し、デート映画として活用できると太鼓判を押した。

[PR]

 アーロンが言うように、恋人とキスするならどのポイントが一番ロマンチックか? それはやはりジョージアとロビーがキスするシーンが、最大のキスポイントであろう。若い男女の甘酸っぱいキスが描かれているが、アーロンは「キスシーンの撮影は一日の終わりだったんだ。でも実は、スパイシーなカレーやドーナツとかいろんな食べ物を食べた後だったんだよね。スタッフの人ににおい消し用のミントがいるか聞かれたけど、僕らは二人とも『いらない』って答えたよ」と撮影当時を振り返り、少なくとも二人のキスは“ファーストキスはレモンの味”ではなかったことを教えてくれた。

 『ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな毎日』は恋を知った女の子のキラキラした、そして時々落ち込んでしまう毎日を描いた恋愛奮闘映画だ。“ブスカワ”ヒロインのジョージアとイケメン王子アーロンとの不器用な恋の行方に胸がキュンとなる。そして、二人の初々しいキスシーンを観れば、きっと誰もがピュアなキスをしたくなるはずだ。

映画『ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな毎日』は11月15日より恵比寿ガーデンシネマほかにて公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]