北乃きい「初恋の相手はお父さんに似た人」の告白に岩井俊二がツッコミ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
仲良さそうに小指と小指をつないだ北乃きいと岡田将生

 9日、TOKYO FMホールにて映画『ハルフウェイ』の完成披露舞台あいさつが行われ、監督の北川悦吏子、主演の北乃きい岡田将生、プロデューサーの岩井俊二そして音楽監督の小林武史が登壇し、主題歌「HALFWAY」を歌うSalyuのライブパフォーマンスが披露された。Salyuののびやかな声とともに、会場は幻想的な雰囲気に包まれた。

映画『ハルフウェイ』

 『ハルフウェイ』はテレビドラマ「ロングバケーション」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の大ヒット恋愛ドラマを手掛けてきた脚本家の北川が、初メガホンを取った作品。この日、ラブストーリーにちなんで初恋の話をするハメとなった監督をはじめとする出演者たち。司会者のご指名で岩井がトップバッターとなった。「中学生のときに隣の席だった女の子だったかな……。えっ、次にいきましょう。あまり初々しくないもので」と少々照れながら答えていた。岡田は「小学1、2年生だったと思う。とてもかわいらしくて頭が良かった子」と顔を赤らめながらも当時を振り返った。「今日はお父さんが来ているので、言いづらいかも」と話すのは北乃。しかし、「保育園のときかな。しかもお父さんに似た人」と親思いのやさしい一面をのぞかせた。それを聞いた岩井は「本当に同級生なの? お父さんに似た幼稚園生?」とさりげないつっこみを入れると観客席から笑いが。恋愛の達人(?)である北川は「保育園でいじめられたときに助けてくれた男の子」とおのおのが淡い恋心を打ち明けていた。

[PR]

 本作は、台本こそあるもののほとんどアドリブで撮影が行われたという。北川は「お芝居が終わっても、二人がそのまま演技を続けていて、この迫力に感動した」と熱い気持ちを語り始めた。司会者が「カットとは言ったんですよね?」と質問すると「二人のセリフが止まらないので、せっかくの演技ですしカメラを回していたかった」と北川が話した。すると、主演の二人が「実はカメラが回りっぱなしで、しかもカットという声が聞こえなくて……。ずっと(カットという声を)待っていた」という新事実が発覚、北川は「えっ?」と驚いた表情をしてみせ、会場を笑わせた。

 『ハルフウェイ』は、卒業を前に揺れる高校生カップルのシュウ(岡田)とヒロ(北乃)の恋愛模様を中心に描いた青春ラブストーリー。相手を思う恋心、そして恋人たちのすれ違いなどピュアで切ない気持ちが心に響く。

映画『ハルフウェイ』は2009年2月よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネカノン有楽町2丁目、新宿バルト9ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]