本郷奏多がネタバレギリギリトークで大失敗!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ナイスフォローです!(写真左から)仲村トオル、本郷奏多

 20日、日劇2にて、映画『K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝』の初日舞台あいさつが行われ、主演の金城武松たか子仲村トオル國村隼本郷奏多、そして佐藤嗣麻子監督が登壇した。

映画『K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝』写真ギャラリー

 この日の舞台あいさつは、上映終了後に行われた。しかし、報道陣が取材に入っているため、司会者からは「怪人二十面相が誰なのかというネタバレは厳禁で!」とのアナウンスが。ところが、初日を迎えた喜びでテンションが上がっているキャスト陣は、果敢にネタバレギリギリのトークを展開。ついに、本郷がポロッと間接的ににじませてしまうと、結末を知る会場は大爆笑に包まれた。

[PR]

 この失敗に、続編の可能性について佐藤監督らが意欲をみせる中、本郷だけは「あの、僕、先ほど大きな失敗をしてしまって……。もう呼んでいただけないのではかないかなという気がしています……」としょんぼり。その健気な姿に会場からは「頑張れ!」とエールが送られたが、仲村に「本郷くんは“顔ちぇき!”で、3回やって3回とも『似ている芸能人は仲村トオル』って出たらしくて。だから、(続編には)成長した小林少年役で出ようかと思う」と言われると思わず爆笑し、笑顔を取り戻していた。

 映画『K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝』は、怪人二十面相と、彼に怪人二十面相に仕立て上げられたサーカス団員との戦いを描くアクション・エンターテイメント・ムービー。

映画『K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]