ニューヨーク市警察官殺人罪容疑!「ザ・ソプラノズ」の俳優、殺人罪は免れる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
リロ・ブランカトー - J. Countess / wireimage.com

 ニューヨーク市警察官を殺した罪で裁判にかけられていたテレビドラマ「ザ・ソプラノズ」のリロ・ブランカトーが、第2級殺人罪での判決は無罪になった。

 リロは、2005年に友人スティーヴン・アーメントと一緒に酔っ払って処方せん薬を盗もうとマンハッタンのアパートに侵入。隣に住むニューヨーク市警察官が不審に思って様子を見に来たところ、アーメントが持っていた拳銃で警察官を射殺してしまった。アーメントは今年初めに第1級殺人罪で有罪が確定しており、仮釈放なしの終身刑を言い渡されている。

 リロは共犯者として第2級殺人罪で起訴され強盗未遂では有罪となり、3年以上の懲役が言い渡されていた。だが、第2級殺人罪については審議中だった。今回の第2級殺人罪での無罪判決を受けすでに裁判までの間、3年近く服役しているため、すぐに出所する可能性が高いという。リロは映画『クリムゾン・タイド』『プルート・ナッシュ』などに出演していた。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]