Gacktに独占インタビュー!「最近の男は弱いヤツが多過ぎる」と喝!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
男の中の男、Gackt!

 映画『ターミネーター』シリーズの続編として製作された、海外ドラマ「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ」に、ニューマキシシングル「GHOST」を提供したGacktが、作品が示唆する人類の危機的状況について自らの考えを語った。

 現在全国ツアー中の「Gackt VISUALIVE TOUR 2008-2009 Requiem et Reminiscence II~再生と邂逅~」のテーマと「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ」の世界観が似ていることから、今回の楽曲提供を決めたというGackt。「ターミネーターの存在を通して、人間らしさとは何なのか? っていう疑問を投げかけているんだと思う」と語った。Gacktが考える人間らしさとは、強い意志があるかどうかだと力説。「人間の体は記憶と意志の入れ物だと思う。だから生きようとする強い意志がないと人間とはいえない」と意志を持って生きることの大切さを説いた。

 さらに本作は人類の危機的状況をも示唆していると分析。「敵はターミネーターだから、人間同士はともに戦う味方なんだよね。そういう状況にならないと助け合えないのかってこと。そうなってからじゃ遅いんだってことを示唆している作品なんだと思う」と作品に込められたテーマについて自らの意見を語った。

[PR]

 キャラクターの性格にも、ある示唆が組み込まれているというGacktは、主人公の母親で大胆不敵な強い女性、サラ・コナーを挙げた。「正直あんまりタイプじゃない(苦笑)」というそのわけとは? 「男が弱いから彼女が強くなるしかなかった。これも一つの示唆だと思う。世の中の男がどんどん弱くなっている証拠だから、強い女性が現れるのは……悲しいな……」と弱い男性が増えてきた現状を嘆いた。そして、「僕は少しでも男らしく、かっこいい男でいたいと思う」と語る姿はとても男らしく、最近見かけることの少なくなった、男の中の男といった雰囲気だった。

 ファースト・シーズンが発売された「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ」は、映画『ターミネーター』『ターミネーター2』の直後からストーリーが始まる。未来の救世主であるジョン(トーマス・デッカー)を守るため、サラ(レナ・ヘディ)と少女型のターミネーター(サマー・グロー)と、ジョンを抹殺するべく未来からか送られてきたターミネーターとの死闘を描く。キャスト陣は映画版とは一新されているが、その世界観やアクションはスケールアップしており、Gacktも「面白いから絶対観た方がいい。よくできているから、映画『ターミネーター』のファンも納得するはず」と太鼓判を押した。そして、ただエンターテインメント作品として楽しめるだけでなく、人類が明るい未来を迎えるためのメッセージが隠されていることにも注目してほしい作品だ。

DVD「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ<ファースト・シーズン> Vol.1 」
発売中(税込み:980円)、レンタル開始
DVD「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ <ファースト・シーズン> コレクターズ・ボックス(4枚組)」
1月21日発売(税込み:7,840円)、レンタル開始
ワーナー・ホーム・ビデオ
ニューマキシシングル「GHOST」
1月21日発売

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]