ミッキー・ロークとサム・ロックウェル、『アイアンマン2』の悪役に?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ミッキー・ローク - Jon Furniss / wireimage.com

 ミッキー・ロークサム・ロックウェルが、大ヒット映画『アイアンマン』の続編へ出演しそうだ。ハリウッド・レポーター紙が伝えたところによると、ミッキーとサムは、期待の続編映画『アイアンマン2』(原題)への出演交渉中だそうだ。二人が演じるのは悪役で、ミッキーが演じるのはイワンと呼ばれる入れ墨をしたロシア人のチンピラで、ムチの使い手「ウィップラッシュ」になる人物だ。サムはジャスティン・ハマーを演じる予定で、悪人たちに兵器を与えている人物であり、アイアンマンことトニー・スタークのライバル会社の社長だ。

 続編『アイアンマン2』(原題)は、前作から引き続きジョン・ファヴロー監督がメガホンを取り、ロバート・ダウニー・Jrが再びアイアンマンを演じる。グウィネス・パルトローサミュエル・L・ジャクソンも出演し、テレンス・ハワードに代わってローディをドン・チードルが演じる。

 ミッキーが落ちぶれた中年プロレスラーを演じた新作映画『ザ・レスラー』(原題)が第65回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞して以来、ミッキーの活躍は目覚ましく、『追撃者』で共演したシルヴェスター・スタローンの監督・主演映画『ジ・エクスペンダブルズ』(原題)への出演も決まっている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]