サミュエル・L・ジャクソン、『アイアンマン2』への出演はなし?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
サミュエル・L・ジャクソン - John Shearer / WireImage / Getty Images

 大ヒット映画『アイアンマン』でニック・フューリー役としてカメオ出演したサミュエル・L・ジャクソン。昨年10月に、サミュエルが続編映画『アイアンマン2』(原題)ではニック・フューリーはもっと目立つ役柄として登場し、引き続き彼が演じると語っていたが、どうやら状況が変わったようだ。

 サミュエルはロサンゼルスタイムズ紙に対して、彼が『アイアンマン2』(原題)へ出演するか不透明な状況だと語った。「わからないよ。もしかしたらおれは、ニック・フューリーを演じないかもしれないし、ほかの俳優がニック・フューリーを演じるかもしれない。もしくは、ニック・フューリーは続編に登場しないかもしれない」と話した。突然のこのサミュエルの発言にファンは大ショックだが、うわさではスタジオ側がサミュエルの通常の出演料金を支払わないために続編への出演がなくなったといわれている。

 ニック・フューリー役は、『アイアンマン』の製作前から原作のニック・フューリーがサミュエルにそっくりなため、ファンの間では彼以外考えられないとまでいわれていた。サミュエルが話した、続編への出演についてはシリーズを通してメガホンを取るジョン・ファヴロー監督がサミュエルに話して明らかになったことで、この事態に一番ショックを受けているのはサミュエル自身かもしれない。

 『アイアンマン2』(原題)は、前作から引き続きロバート・ダウニー・Jrがアイアンマンを演じる。グウィネス・パルトローも出演し、テレンス・ハワードに代わってローディをドン・チードルが演じ、ミッキー・ロークサム・ロックウェルが悪役で出演交渉中だ。また、ティム・ロビンスがアイアンマンの父親ハワード・スターク役の、エミリー・ブラントが元ソ連の女スパイのブラック・ウィドー役の候補に挙がっている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]