驚異的!これまでのトム・クルーズ出演作は、約5兆4,000億円も稼いでいた!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
今回はいくら稼ぐかな? - (C) 2008METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 トム・クルーズのこれまでの出演作の興行収入は、全世界で累計約600億ドル(約5兆4,000億円)にのぼるという。こんな驚異的な金額をたたきだせるのは、ハリウッド広しといえども、トムをおいてほかにはいないだろう。(1ドル=90円で計算)

映画『ワルキューレ』

 ボックスオフィスの集計によれば、2008年の興収総額は約96億3,000万ドル(約8,667億円)。この金額と比較してみても、トムは出演作だけでアメリカの年間興収の6倍以上を稼ぎ出したことになる。公開作品6年分の興収より、トム一人の興収の方が高額だなんて驚きだ。

[PR]

 そんなトムも、デビュー当時から順風満帆だったわけではない。映画『卒業白書』で注目されるまでは端役も多く経験している。主演映画『トップガン』が世界的に大ヒットし、一躍トップスターの仲間入りを果たしたトムだが、その後はアクションからヒューマンドラマまで幅広く活躍。作品を選び抜く知性と感性も鋭敏で、映画『ミッション:インポッシブル』からはプロデューサー業にも進出し、自らのプロダクションも設立した。

 これまでのキャリアにおいて、トムが約600億ドルという驚異的な数字をたたき出してきたのは、彼の俳優としての類まれなる演技力と作品選びにある。半身不随のベトナム帰還兵を体当たりで演じ、ゴールデン・グローブ賞を受賞した映画『7月4日に生まれて』以降、新境地を開拓し続ける挑戦的な姿勢は観客たちを魅了してきた。3月20日より公開される映画『ワルキューレ』では、ヒトラー暗殺計画を実行したドイツ人将校シュタウフェンベルクという歴史上の人物を熱演し、新たなトム像を印象付けることに成功している。このように、トムの出演作品に対する真摯(しんし)な姿勢こそが、累計約600億ドルという空前の興収につながったのは間違いないだろう。

映画『ワルキューレ』は3月20日より日劇3ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]