吉永小百合とタモリとの合コンを鶴瓶がセッティング?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
蒼井優と吉永小百合

 1日、オークラアカデミアパークホテル(千葉・木更津市)にて、2010年1月公開予定の映画『おとうと』の製作発表記者会見が行われ、主演の吉永小百合笑福亭鶴瓶蒼井優小林稔侍加藤治子、そして山田洋次監督が登壇した。

 本作で吉永と鶴瓶が姉弟を演じることについて、吉永は「前回の『母べえ』ではおじさんでしたが、今回は弟ですので、(演技のためにも)鶴瓶さんの学生時代のお写真をいだだきました」と話すと、鶴瓶が「吉永さんに子ども時代、そして小学校6年生、高校生、大学生のときの写真をお渡しました。自分の写真が吉永家にあると思うだけで、とてもうれしい」と目じりを下げていた。そして、この一部始終を鶴瓶は某レギュラー番組でタモリに話したところ、「木曜日のたびにタモリさんが僕の楽屋にやって来て怒るし……、しかもものすごい嫉妬(しっと)で……」と吉永ファンのタモリから大激怒されたことを明かした。そのため鶴瓶は「吉永さんに『ご飯を食べに行きましょう』と言いましょうか?」とタモリに話したそうだ。ようやく撮影終了後に吉永との食事の約束までをこぎつけたタモリは「僕がセッティングする!」と大喜び。鶴瓶はこの場を借りて吉永に「よろしくお願いいたします」と再び念を押していた。

 また、3姉弟の長男・庄平を演じた小林が作品について触れ「今、希薄となっている兄弟そして家族のきずなというものを……」と熱弁。すると、横から鶴瓶が「うまいこと言われますね~って、監督が言っていますよ」と褒めたたえながらも「演技では50回ダメだしをされたのに。それも3歩歩くだけ」と笑顔でつっこみを入れていた。しかし、鶴瓶の方も洗面所で歯を磨くシーンで「『うぇ~』だけを、それも50回やった! うぇ~」と胸を張りながら話していた。

[PR]

 『おとうと』は、夫を早くに亡くした吟子(吉永)が女手一つで育てた娘の小春(蒼井)の結婚式を舞台に、家族のきずなを問うヒューマンドラマ。吟子の弟・鉄郎(鶴瓶)が酔っ払って式を台無しにしてしまうなど、笑いのポイントもしっかりと抑えた感動作だ。

映画『おとうと』は2010年1月公開予定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]