北乃きいと岡田将生、“ロンバケ”の北川監督のおトボケ発言にビックリ&爆笑

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
北乃きい

 21日、ヒューマントラストシネマ渋谷で映画『ハルフウェイ』の初日舞台あいさつが行われ、キャストの北乃きい岡田将生溝端淳平と、北川悦吏子監督、岩井俊二プロデューサーが、詰めかけた観客の前に姿を見せた。

映画『ハルフウェイ』

 テレビドラマ「あすなろ白書」「愛していると言ってくれ」「ロングバケーション」など、数々のヒット作を手掛けてきた脚本家の北川。初監督作品ということもあり、一言一句こだわっただろうと思いきや、本作はほぼアドリブで進んでいったとか。関西弁を話す溝端のキャラクターも現場で急きょ決まったそうで、「淳平くんの関西弁がかっこ良くって。オレも関西弁が話したかった」と岡田がこぼすと、北川監督は「溝端くんは関西出身じゃないよね」とポツリ。これには北川監督を除く檀上の4人はビックリ。何と溝端は和歌山県出身。さらに「会ったときから、何で関西弁なんだろうとは思ってたんだけど。和歌山って関西なの?」と畳み掛ける北川監督には、どこか不思議ちゃんオーラが漂っていた。

[PR]

 また、続編の可能性についてたずねられると、「ないです」ときっぱり。「成長物語ではなくて、ある季節を切り取りたかった。青春のある時期の物語で、その人たちが成長してこうなりましたっていうのは描きたくない」とドラマでも一度も続編を書いていない北川監督が、自身のポリシーを貫くコメントをした。

 『ハルフウェイ』は北海道を舞台に、卒業を前に揺れ動く高校生の切なくピュアな思いを伝える恋物語。これが初メガホンとなる脚本家・北川が、主演の北乃と岡田のナチュラルな魅力を収めている。

映画『ハルフウェイ』はヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]