モテるオヤジの条件が変わった!「ちょい悪」から「ちょいカワ」へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ちょいカワオヤジ代表! ジョージとヒュー

 2007年、ちょい悪オヤジが大流行したが、これからはちょいカワオヤジの時代らしい。今ハリウッドを代表とするオヤジたちは、ちょい悪に見せて、実はちょいカワな一面を持つ俳優が多いのだ。そんなちょいカワオヤジの魅力に迫ってみた。

映画『オーストラリア』作品ギャラリー

 26日、東京日比谷で行われた映画『オーストラリア』ジャパンプレミアで、レッドカーペットに登場し、有楽町のOLたちを熱狂させたヒュー・ジャックマン。彼は映画『X-メン』シリーズでブレイクしたが、第81回アカデミー賞で世界中に披露したように、実は歌もダンスもできる多彩な才能の持ち主。ワイルドな外見とは裏腹に、「実はジャグリングが得意!」といういちょいカワな一面を持っている。そんな彼の意外な一面が女性心をくすぐるのかもしれない。

[PR]

 ヒューのほかに、元祖おじさま俳優として知られているのは、映画『リーサル・ウェポン』シリーズで大ブレイクしたメル・ギブソン。彼もちょいカワな一面を持つ俳優の一人だ。最近では監督業で活躍するなど、まだまだ暴れっぷりを見せてくれているメルだが、酒癖が悪いのもハリウッドでは有名。飲酒運転で逮捕されるたびに、猛烈に反省しては素直に謝罪をするちょい悪とちょいカワの両面は、女性たちの“ほっておけない精神”を刺激してしまうようだ。

 もちろん、そんなおじさま俳優を語る上で忘れてならないのは、映画『オーシャンズ』シリーズで熟年の魅力を爆発させているジョージ・クルーニー。独身貴族を謳歌(おうか)しているジョージだが、女性に対してはちょい悪な彼にも、一風変わったちょいカワエピソードがある。何と彼には、約18年間連れ添ったブタのマックスというペットがいたのだ。残念ながらマックスは他界してしまったが、ブタに対して18年間いちずな愛を貫いたジョージは、ちょい悪どころか、超カワイイおじさまだ。

 ついこの間まで、日本ではちょい悪オヤジたちが人気を集めていたが、彼らハリウッドのおじさまたちはちょい悪どころか、かわいいエピソードが満載。映画の中で爆発させる魅力もさることながら、素顔の彼らは最高に魅力的。これから日本のおじさまたちには、ちょい悪よりもちょいカワオヤジを目指して頑張ってもらいたい。

 映画『オーシャンズ11』は3月10日午後0:00よりWOWOWにて放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]