ノッチ、大失態?オバマキャラがウケずに映画タイトルも間違える!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スマイリーキクチ、ノッチ、安田和博

 24日、映画『ウォッチメン』公開直前緊急イベントがシネマート六本木で開催され、1日宣伝隊長となったスマイリーキクチと、第44代アメリカ大統領バラク・オバマのモノマネで再ブレイクを果たしたデンジャラスのノッチとそのSPで相方の安田和博が登壇した。

映画『ウォッチメン』写真ギャラリー

 まずはスマイリーキクチが登場し、「観る人のそのときの見方で感情が変化するんですね。素晴らしい映画でした」と称賛。また「本当にすごい映像で、観ている人を裏切らない世界観を持っている」とコメントした。続いてオバマ大統領にふんしたノッチがアメリカ国歌をバックに、会場に詰めかけた観客と握手をかわしながら登場。

[PR]

 ノッチは「イエス、ウイ、キャン」とおなじみのフレーズを連発するも、会場の乗りはイマイチ。ウケないとわかると「実はわたしはオバマではない。実はノッチマンなんだ。ノッチで~す!」と奇妙なポーズを取る始末。これもスベった形となってしまったノッチは「ウォッチマンをヨロシク!」と映画のタイトルを間違え、「ウォッチメンだろうが!!」とSPの安田からバシバシ頭をたたかれるはめに。会場からはやっと笑いが響き、空気のチェンジに成功したようだった。

 『ウォッチメン』は、『300 <スリーハンドレッド>』を手掛けたザック監督が、映像化不可能といわれていた同名グラフィック・ノベルを映画化したミステリー超大作。ヒーローが実在した1980年代のアメリカを舞台に、ヒーロー殺人と核戦争へのカウントダウンを描いていく。

映画『ウォッチメン』は3月28日より丸の内ルーブルほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]