トム・クルーズの『ワルキューレ』の宣伝にヤラセ疑惑?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
知らないな…そんなこと-トム・クルーズ

 日本ではサクラも満開だが、ハリウッドでは映画『ワルキューレ』に絡んだサクラ話でにぎわった。アメリカ公開時に、トム・クルーズ主演の映画『ワルキューレ』のPRがマスコミ業界の“サクラ”を使った“やらせ”PR作戦をとったというのである。

映画『ワルキューレ』

 ロサンゼルスの有名FM局K-Earth 101の社員が明らかにしたところによると、『ワルキューレ』公開直前に、映画会社のPR係が連絡をしてきて、「もし『ワルキューレ』を誉めると約束してくれたら、K-Earth 101の社員ならびにその友人知人を無料で『ワルキューレ』の試写に招待してあげる」とかなり露骨な申し入れがあったという。

[PR]

 無名バンドがコンサートなどで、友人知人にファンのフリをさせて、やらせで盛り上げることを“サクラを使う”と言うが、プロの業界では当然ながらのルール違反だ。ましてや映画会社が“お礼”と引き換えに、公共の電波を使用したラジオ関係者に“サクラ”を依頼するなどもってのほかである。

 アメリカではすでに公開が終わっている『ワルキューレ』だが、この作品は製作開始前からいろいろとあった作品で、まず準備段階で、トムの信仰の問題でからロケ地のドイツからゴネられ撮影許可が大遅延。よって撮影スケジュールも大幅にずれ込み、おまけに撮影中に事故が起きケガ人が出るなど紆余曲折を経て公開された。

 ところが、いざ『ワルキューレ』が全米公開になるとことのほかバッシングは少なく、マスコミの反響も上々。大ヒットとは行かないまでもスマッシュヒットにはなっている。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]