『天使と悪魔』のプロデューサー、ブライアン・グレイザー 3人目の妻と正式に離婚

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
円満離婚のようですね?-ブライアン・グレイザーと3人目の妻、ジジ・レヴァンシー - Michael Buckner / Getty Images

 映画『天使と悪魔』のプロデューサーであるブライアン・グレイザーと、3人目の妻であるジジ・レヴァンジーの離婚が成立した。

映画『天使と悪魔』写真ギャラリー

 1997年に結婚した二人は婚前契約を交わしていたため、泥沼の争いになることなく離婚できたよう。TMZ.comによると、ブライアンはジジの名義の邸宅を875万ドル(約8億3,000万円)で購入し、慰謝料450万ドル(約4億3,000万円)と二人の息子のための養育費を毎月4万ドル(約380万円)支払うほか、離婚費用も負担することになっているという。

 ジジは、ジュリア・ロバーツ主演の映画『グッドナイト・ムーン』の脚本を手掛けたほか、デブラ・メッシング主演のテレビドラマ「スターター・ワイフ」の製作総指揮もしている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]