ウディ・アレン監督、フランス大統領夫人にラブコール

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ウディ・アレン - Eric Charbonneau / WireImage.com

 フランスで新作映画『ホワットエバー・ワークス』(原題)のプロモーション活動を行っていたウディ・アレン監督が、パリのラジオ局RTLで、フランス大統領夫人のカーラ・ブルーニについて映画で起用したいと語った。

 スーパーモデル出身のカーラは、モデル業のほかに歌や作詞など、幅広い分野でその才能を発揮してきた女性。映画業界では、モデル時代にロバート・アルトマン監督の映画『プレタポルテ』へ自身の役で出演した経験もある。ウディ監督はラジオの中で、「彼女は素晴らしいと思うよ。カリスマがあって演技者でもあるし、知名度もある。いろいろな方法でキャスティングできそうだ」とのこと。実際にカーラが出演できる物語が現在進行しているわけではないようだが、今年の夏には新作をパリで撮影する予定のウディ監督は「もしも彼女が興味あるなら、ぜひお願いしたいね」と語った。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]