天海祐希に直撃インタビュー!プライベートで自分と付き合った人への“報酬”あり?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
天海祐希は盛り上げ上手!

 織田裕二主演の映画『アマルフィ 女神の報酬』で、シングルマザーを熱演した天海祐希が、プライベートで自分と付き合った人への“報酬”として、「絶対に面白いと言わせる自信がある!」とサービス精神旺盛な自身の性格を激白してくれた。

映画『アマルフィ 女神の報酬』写真ギャラリー

 話の発端は、『アマルフィ 女神の報酬』で天海が演じたヒロイン、矢上紗江子のタフな性格が、天海自身のイメージに重なるという指摘に、「いえ、わたしは紗江子ほどではないですよ。友だちだったら面白いというタイプじゃないですかねぇ(笑)」と自己分析をしてくれたことだ。実際に友人たちはそう思ってくれているのか? という問いには、「ええ。そう思います」と断言! さらに「はっきり言わせていただきますが、わたしは面白いです!」と、気持ちいいほどストレートに返してくれた。では、撮影のような仕事場ではどうなのか? 「どうかな。わからない(笑)。すべての現場でムードメーカーというわけじゃ……。自分がいかなくちゃいけないときだけかも(笑)」と仕事では若干様子が違うようだ。

[PR]

 ちなみに今回の『アマルフィ 女神の報酬』の撮影現場では、ムードメーカーの天海も現場の空気を読み、臨機応変に盛り上げるかどうかを決めていたという。「主役を張っている織田さんが頑張っていらしたので、基本的には織田さんにお任せしていました」と主演の織田を立てた。基本的な考え方としては、「お仕事として緊張感がある現場じゃないとダメだと思うし、空気を読めない行動は絶対にダメ! バランスが大事です。ちょっと煮詰まってきたと思ったら、場を盛り上げるとか、現場の雰囲気をちゃんと考えないと」と大人としての心得も教えてくれた。

 硬直した現場を打開するために場を盛り上げるという天海だが、例えば一発ギャグのような持ちネタなどがあるのだろうか……? 「うーん、ギャグ……じゃないですけど、ちょっと和むような発言ですよねぇ」と核心をぼかす。和むような発言をさらに具体的に聞こうとすると、「それだけは絶対に教えられないです! それに、言葉で説明しても、うまく文章にできないと思いますよ(笑)。知りたければ現場にぜひ(笑)!」と一蹴! 本作の天海の硬派な演技を観つつ、撮影現場で場を盛り上げた彼女を想像するのも一興だ。

映画『アマルフィ 女神の報酬』は7月18日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]