ラッセル・クロウ、フランス映画のリメイク作品へ出演か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
妻は誰かな? - Marcel Thomas / FilmMagic / Getty Images

 ラッセル・クロウが、2008年のフランス映画をハリウッドリメイクする作品へ出演するかもしれない。ハリウッド・レポーター紙が伝えたところによると、ラッセルがライオン・ゲート・フィルムズの新作映画『ザ・ネクスト・スリー・デイズ』(原題)への出演交渉の最終段階にあるとのこと。同作は、フランス映画『プール・エル』(原題)をリメイクするもので、オリジナル版はヴァンサン・ランドンダイアン・クルーガーが主演し、フレッド・カヴァエ監督が自らの脚本のもとメガホンを取り、第34回ゼザール賞初監督作品賞にノミネートされた。ストーリーは、無実の罪で収監されてしまった妻のために愛する夫が妻を助け出そうとするサスペンスだ。リメイク版は、映画『クラッシュ』でアカデミー賞脚本賞を受賞したポール・ハギスが監督・脚本・製作を手掛ける。撮影は9月から開始される予定で、物語の重要な鍵となる妻役に誰がキャスティングされるか気になるところだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]