衝撃の結末!原作本のラストは袋とじ!ディカプリオ最新作ビジュアル解禁

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『シャッター アイランド』

 アカデミー賞を2部門受賞した映画『ミスティック・リバー』と同じデニス・ルヘインの原作で、レオナルド・ディカプリオマーティン・スコセッシ監督のコンビが作り出したサスペンス大作映画『シャッター アイランド』のポスタービジュアルが解禁され、その世界観が明らかになった。

 精神を病んだ犯罪者だけを収容する施設がたたずむシャッター島からこつぜんと消えた女性患者の捜索に訪れたディカプリオ演じる連邦保安官テディとその相棒チャックが島で数々の謎にぶつかり、やがてそれらは連鎖的に広がっていく。断片的な記憶、暗号、患者の残す謎の言葉……など物語は謎が謎を呼び先が見えない展開で、早川書房から出版されている原作本は、ラストが最後までわからいようにと最終章と解説が袋とじになっているという徹底ぶりだ。(袋とじになっているのはハードカバー版のみ。文庫版は袋とじではありません)

 映画もミステリー仕立てで展開し、ディカプリオの鬼気迫る演技とスコセッシ監督の演出が観るものの脳を刺激していく。

[PR]

 このたび解禁された映画『シャッター アイランド』ポスタービジュアルは、全体がセピア調の色使いで、島を前景に、何かを追い求めるディカプリオが暗闇で火をともしている何とも意味深な構図。「全ての“謎”が解けるまでこの島を出る事はできない」というキャッチコピーが想像力をかきたてる。

 なお、本作の前売り券購入特典は“脳を刺激”するアイテムとしてパズルが添付されている。パズルの謎を解くとオリジナル待ち受けなどがゲットできるというファンにはうれしい特典付きだ。

映画『シャッター アイランド』は10月30日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]