サム・ワーシントン、トム・クルーズに代わってシャーリーズ・セロンと共演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
トムではなくサムと共演することになったシャーリーズ・セロン

 大ヒット映画『ターミネーター4』で、物語のキーパーソンであるマーカスを演じたサム・ワーシントンが、トム・クルーズに代わって新作映画へ出演することが明らかになった。

 ハリウッド・レポーター紙が伝えたところによると、サムがスパイグラス・エンターテイメントの新作映画『ザ・ツーリスト』(原題)へ出演することが決まったとのこと。サムは降板したトム・クルーズの代役で、トムは昨年から本企画にかかわり出演が決まっていたが、ジェームズ・マンゴールド監督の新作へ出演するために降板していた。本作は、2005年のフランス映画『アントニー・ジマー』をハリウッド・リメイクするもので、サムの相手役はオスカー女優シャーリーズ・セロンだ。ストーリーは、マフィアと警察から追われているプロの犯罪者と彼を逃がそうとする恋人、そして逃亡劇に巻き込まれてしまった平凡な男が繰り広げるロマンティック・サスペンスで、オリジナル版ではイヴァン・アタルソフィー・マルソーが主演した。監督は映画『ダウンタイム』のバハラット・ナルルーリがあたり、脚本は映画『ゴスフォード・パーク』でアカデミー賞脚本賞を受賞したジュリアン・フェロウズが手掛け、撮影は来年1月から開始される予定だ。

 『ターミネーター4』以降売れっ子のサムは、ジェームズ・キャメロン監督の期待作映画『アバター』、ルイ・レテリエ監督によるリメイク版映画『タイタンの戦い』、デンマークのカスパー・バーフォード監督映画をハリウッドリメイクする映画『ザ・キャンディデイト』(原題)と話題作への出演を決めており、今後の活躍が楽しみな俳優である。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]