『ダークナイト』続編は全編IMAXカメラ撮影か キャットウーマンはミーガン・フォックス?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
キャットウーマンはミーガン・フォックス?

 映画『バットマン ビギンズ』、『ダークナイト』のクリストファー・ノーラン監督の新作『インセプション』(原題)の謎めいた予告編が公開され、『ダークナイト』続編に対して期待が集まっている今新しい情報が明らかにされた。

 映画サイトAin’t It Cool Newsが伝えたところによると、クリストファー監督が『ダークナイト』続編を全編IMAXカメラを使用して撮影しようと考えているとのこと。『ダークナイト』では一部シーンを大型IMAXカメラで撮影しており、これは劇場映画としては初の試みであった。IMAXカメラで撮影するということは、35mmの通常の映画フィルムの10倍以上の巨大なフィルムを用いて撮影することとなる。素晴らしいことのようだが、IMAXカメラは通常のカメラより重く撮影時に支障が出ることや製作費が高額になること、日本の映画館も含めてアメリカでも大きなスクリーンで上映できるIMAXシアターが少なく、IMAX版『トランスフォーマー/リベンジ 』上映時にはスクリーンサイズによって迫力も違うのに、小さなスクリーンのIMAXシアターでも高額な料金を払わされて映画ファンから苦情が出るという問題が起きている。ただ、クリストファー監督は以前から『ダークナイト』続編は全編IMAXカメラで撮影したいと希望しており、雑音が入りやすいIMAXカメラのために撮影終了後にアフレコしたいと語っている。

 また、イギリスのタブロイド紙ザ・サンが、ミーガン・フォックスが『ダークナイト』続編のキャットウーマンに決まったと伝えた。キャットウーマン役候補にはこれまでアンジェリーナ・ジョリーレイチェル・ワイズの名前が挙がってきたが、ミーガンに決まるのか動向が気になるところだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]