キャサリン・ハイグル、韓国からの養女は障害を抱えている赤ちゃん

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「赤ちゃんと誕生日が一日違いなの!」キャサリン・ハイグル

 テレビドラマ「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」のキャサリン・ハイグルと夫のジョシュ・ケリーが、韓国から養女を迎えたと報じられたが、障害を抱えた赤ちゃんであることをキャサリンが明かした。

 「半年ほど前に赤ちゃんの写真が送られてきたわ。彼女には障害があって、だから養子縁組が普通よりもずっと早く進んだの。できるだけ早くわたしたちに彼女を届けたかったようだったわ」とキャサリンはエレン・ディジェネレスに語った。キャサリンは赤ちゃんを“スペシャル・ニーズ・ベビー”(特殊なニーズを必要とする赤ちゃん)と説明しており、身体的な障害なのか、精神的障害なのかは明らかにしていない。

 ナレイちゃんと名付けられた赤ちゃんは11月23日生まれ。キャサリンの誕生日と一日しか違わず、それを知った時は運命を感じたという。「1日違いというのは予期せぬ驚きで運命を感じたわ。でも、その後、自分の誕生日を一生放棄することになるって気がついたのよね」と1日違いでは自分のバースデーは忘れられるだろうことを笑った。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]