『となりのトトロ』イタリア初上映で大絶賛!エンドロール後も退場せずトトロの歌口ずさむ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ミラノの中心地にあるデオン・メデゥーサ劇場には、幅広い年齢層の観客が集まった - Photo:Harumi Nakayama

 宮崎駿監督の映画『となりのトトロ』が現地時間18日、製作から21年を経てようやくイタリアで劇場公開された。

 イタリアと宮崎監督のつながりは深いものがある。イタリアの若者は、宮崎監督が手掛けたテレビアニメ「未来少年コナン」や「ルパン三世」「名探偵ホームズ」を見て育ち、街中では、ルパン三世や峰不二子のイラストが描かれたTシャツが至るところで販売されている。そんなイタリアっ子が愛するアニメのマエストロ(師匠)に対してイタリア・ヴェネチア国際映画祭は2005年、栄誉金獅子賞を授与している。宮崎監督の最新作映画『崖の上のポニョ』は今年3月に公開されたが、『となりのトトロ』はすでにビデオやDVDが上陸していたこともあって、なかなか劇場公開は実現できなかったようだ。

 この日、ミラノの中心地にあるデオン・メデゥーサ劇場には、孫を連れた老夫婦からカップル、アトムのTシャツを着た若者など幅広い客層が劇場へ足を運んだ。タイトルは『イル・ミオ・ビッチーノ・トトロ』(わたしのそばにいるトトロ)となり、劇中のセリフも、劇中歌も全編イタリア語の吹き替えで上映された。

[PR]

 上映がはじまるや、表情豊かな主人公サツキとメイの映像に、場内あちこちから「ベッロ」(素晴らしい)と感嘆の声が漏れ、また劇中のメイ同様に大量のススワタリの登場シーンに驚き、トトロのコミカルな動きに何度も笑いが起こっていた。そして、イタリアでは通常、エンディングロールが始まるや場内が明るくなって退場する人がほとんどだが、皆、エンディング曲の「となりのトトロ」をしっかり聞き、♪トットロ、トットロ~と歌いながら劇場を後にする人たちまでもいた。

 この日のイタリアの一般紙「コリエレ・デラ・セーナ」は、「お世辞抜きに素晴らしい寓話」と絶賛。同日公開されたマット・デイモン主演『インフォーマント』(原題)の6点よりも高得点の、10点満点中7.5点と高評価を与えた。

 今年2月には、メイとサツキの家のモデルになった東京・杉並の「トトロの住む家」が何者かによって放火される悲しいニュースが流れたが、イタリア人の心の中にはしっかりとトトロの世界が刻み込まれたようだ。(取材・文:中山治美)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]